最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

postheadericon AGAとは

風になびく髪

髪の毛が薄くなっていくことを気にしている男性は多いです。
AGAとは、日本語に直すと「男性性脱毛症」です。
男性特有の歳とともに抜け毛が激しくなったり薄毛になったりする症状のことです。
主に男性ホルモンの影響が原因だといわれています。
AGAだった場合、ほうっておくとどんどん薄毛・抜け毛は進行してしまいます。

AGAの進行の仕方はさまざまで、頭頂部から薄くなっていくタイプ、生え際から抜けていくタイプ、それらの混合型などがあります。
いずれの場合でも年々髪の毛が減っていくという点では変わりません。
AGAの人の脱毛部分にはヘアサイクルを短くする成分が高濃度で含まれており、それが髪の毛が成長しきる前に脱毛を起こし、薄毛や抜け毛にしてしまうのです。
AGAの場合、髪の毛は抜けてしまっても産毛は残っています。
産毛がある限り、治療できる可能性はあります。
薄毛・抜け毛の治療の方法は複数あります。
悪玉男性ホルモンを抑制する飲み薬、血行をよくすることで髪の毛への栄養を行きやすくする外用薬、毛の成長を促す外用薬、発毛に有効的な成分の注射などです。
方法によっては副作用があったり痛みが生じる場合がありますので、注意が必要です。
AGAの進行を和らげるための対策としては、シャンプーのときにごしごし洗わず頭皮を指でマッサージするようにする、自然乾燥させない、帽子をかぶるときは汗に注意する、レバーや卵などタンパク質の多い食べ物を食べる、などがあります。

postheadericon AGAで薄毛治療

セルフカット

男性にとってとても深刻な問題の一つが抜け毛や薄毛です。
現在、40代の男性のうち3割の人が抜け毛や薄毛であると言われています。
AGAとは、男性型脱毛症の事で、遺伝やホルモンが原因であると言われています。
このAGAは進行性の症状なので、放っておくと間違いなく薄毛や抜け毛は進行し、将来的には禿げてしまうのです。

今はまだ薄毛や抜け毛と言った症状が出ていないので、自分には関係ないと思っている方もいるかもしれませんが、AGAはゆっくりと進行するため、気付きにくいという特徴があるのです。
知らない間にAGAが進行してしまい、なんとかならないものかと思い悩んだ頃には手遅れ、という事にもなりかねません。
まだ目立った症状がない内から、育毛シャンプーを使用する事で毛穴の汚れや頭皮を清潔に保ち、その清潔な頭皮に育毛剤をつける事で頭皮に刺激や、栄養を与えてあげる事で、抜け毛や薄毛と言った症状を予防する事ができます。
しかし、これだけ予防をしていても、AGAは遺伝性の物やホルモンの関係の病ですので、どうしても防げない場合もあります。
そのため、専門の薄毛治療専門の病院に、早期に行く事が肝心なのです。
薄げ毛や抜け毛になったとしても、産毛が残っていれば治療が可能なのです。
産毛が残っていないような手遅れの場合等は、治療できない可能性もありますが、素人判断ではわからない事ですので、一度専門医に相談してみましょう。
最近、抜け毛が気になる、薄毛になってきたなと思ったら、早期に治療をスタートさせましょう。